お花見🌸

CA(高大生・社会人)メンバーでお花見をしに大高緑地公園に行ってきました。
前日の夕方から雨が降り明け方の天気を心配してましたが、神様は私達の願いをきかれ素晴らしく晴れた日となりました!

少し風は冷たかったけど満開間近のこの時期は沢山のお花見をする人達で賑わい活気に溢れていました。

今回初めてCAのイベントに参加してくれた人もいて私達も沢山のメンバーで自然豊かなこの場所で共に食事をし、賛美を捧げ、交わりの時をもつ時間が与えられて感謝です。

4月から新しい職場や学校など環境が変わる人も中にはいて不安や葛藤を抱えてる人もいると思うけど、一人一人のうえに神様が素晴らしい壮大なご計画をもってこれから過ごす場所へ導いて下さいました。

桜も花びら1枚は本当に小さなモノだけどこんなにも沢山の人を魅了し続けています。
小さき弱い私達も輝かせて下さる神様が共におられるから私達はその事を信じそして期待して光の中をこの春からも歩んでいきましょう!

桜、本当に綺麗でしたー!


NEW YEAR PRAISE 2019!

 1月14日(成人の日)に豊川キリスト教会で行われたNEW YEAR PRAISEに参加してきました。
NEW YEAR PRAISEは東海教区の社会人のための新年集会で、当教会からは6名が参加しました。
私は3年連続で参加することができ感謝でした。
一昨年に参加した時に知り合った浜松キリスト教会の兄弟とも1年ぶりに再会して話ができ嬉しかったです。
集会はアイスブレイクとして簡単なゲームから始まり、バイキング形式でサンドイッチを作ってランチを食べてお腹を満たしてから、
みんなで賛美をして盛り上がり、メッセージを聞いてお祈りをして霊的にも満たされました。
その後もティータイムとゲームがあり、盛りだくさんな内容でとても楽しかったです。
メッセージは豊橋キリスト教会牧師の森本亮介先生が導いてくださいました。

 聖書箇所はローマ人への手紙8章26~27節。
メッセージの内容は、健康的な人生の歩みを得るには健康的な心のあり方(セルフイメージ)を持つことが大切で、それは神様が与えてくださるというものでした。
セルフイメージには積極的なセルフイメージと消極的なセルフイメージの2パターンがあり、
「自分なんかダメなんだ…」といった消極的なセルフイメージを持つよりも「自分はできる、愛されている」といった積極的なセルフイメージを持つことで人生を豊かにできるということです。
森本先生も悲観的な思いにとらわれていた時があったそうです。
そんな時に聖霊様が横で泣いているのを体感し、前向きな思いに変えられたとのことでした。
自分は愛されているんだ、唯一無二の素晴らしい存在なんだ、人生は良いものだ、楽しいものだという前向きなセルフイメージを持つことで神様から与えられた命を輝かして歩むことができるのです。
私も時に「自分はできないな、能力ないな…」などと思ってしまうことがあります。

 しかし、神様はいつもともにいて愛してくださっているのだから、最高のご計画を用意してくださっていて導いてくださっているのだから、もっと自分自身に自信を持って前向きなイメージを持って歩んでいきたいと感じました。

 今回のNEW YEAR PRAISEのテーマは「信仰アップグレード」だったので、まさにそのテーマの通り、森本先生のメッセージや参加者全員での祈りの時を通して自分の信仰がアップグレードされたと思います。
新年の初めに多くの兄弟姉妹とともに主の恵みを与れたことに感謝します。

 主を信頼して前向きに自信を持って歩んでいける2019年としましょう!!

クリスマスハープコンサート♫

12.23(日)にハープ奏者の火ノ川京子さんをお招きしてクリスマスハープコンサートが開かれました!
参加者は約100人で、席から溢れかえってしまい立ち見をされた方もいました。

小さな奏者 11歳のみのりさんと5歳のゆりかさんもハープを演奏してくださいました^_^
聖書にも立琴として登場するハープですが、普段あまり馴染みのない楽器かもしれません。
初めて本物を見た、初めて音色を聴いたという声も聞かれました。

人の背丈を越える大きさのハープは思わず「大きいな~」と口にしてしまうほどの存在感でした。

コンサートの曲目は、きよしこの夜、アメイジンググレイス、主われを愛す、クリスマスフェスティバル、きらきら星変奏曲など。
アンコールでは「君は愛されるため生まれた」をハープに合わせて皆で歌いました。

また火ノ川さんご自身のハープとの出会いやイエス・キリストとの出会いについてお話をしていただきました。
「今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。(ルカ2章10節)」
わたしたちのためにお生まれになったイエス様。

クリスマスおめでとうございます。
新しい一年もすばらしい一年となりますように!

CA部(高大生・社会人)クリスマス会

クリスマスが近づいていますね!

12/9(日)CA部(高大生・社会人)のクリスマス会が開かれました♫

参加者はトナカイのカチューシャやサンタの帽子をかぶって、
ドレスコードは!(服の一部に赤か緑色があれば可)
クリスマス感満載です。

お楽しみのご飯のメニューはハヤシライスでした^ ^

そのほかサンドイッチやキッシュ、チョコケーキ、シュトーレン、カラフルゼリーなど手作りの料理とお菓子がテーブルに並びました。

クリスマスのお話も語られました。

救い主としてお生まれになったイエス・キリストの誕生を祝うクリスマス。

『きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。
この方こそ主キリストです。 (ルカによる福音書2:11)』

正しく歩もうと思っても間違った方向に進んでしまいがちな、
罪のある私たちを救うために、神様は神の子イエス・キリストを誕生させてくださいました。

クリスマスのお話のあとはブレゼント交換タイムです。

ビンゴゲームでプレゼントが当たります。

ビンゴカードには9つのマスがあって
ペアになってジャンケンをして勝ったら相手の名前をマスに書いていきます。
なので9人に勝たないとマスが埋まりません。

なかなか勝てずビンゴカードが完成しない人続出で
一番の盛り上がりをみせました。

あっという間の3時間。楽しいクリスマス会でした!

2018年度のクリスマス会を開催します

お久しぶりです!

半年以上、ブログの更新を放置していて申し訳ございません。

10月に入ってから急に寒くなってきましたが、皆さん、風邪は引いていないでしょうか?
どうか、皆さんがご健康でありますようにお祈りいたします。

さて、毎年恒例の本年度のクリスマスが12/23(日)の19:00に実施される予定です。
今回は火ノ川京子ひのかわきょうこ様をお招きしてハープ演奏をしていただく予定です。

詳細は以下のチラシをご確認ください。
クリスマスコンサート2018

もし、ご興味がございましたら友人や知人もお誘いしていただき、当教会へお越しください(予約不要)。
ハープの美しい音色とともに、皆さんとご一緒にクリスマスをお祝いできることを楽しみにしています♪

教会に郵便ポスターが設置されました

みなさん、こんにちは。
ブログの運用者兼投稿者です

3月末あたりに、教会の出入り口に教会の郵便ポスターが設置されました!

教会近くに住んでいる方や礼拝のついでに郵便物を出すときに便利になりましたので、是非ご利用ください。

第64回東海聖会が実施されました

みなさん、こんにちは!
運用者兼投稿者です。

ゴールデンウィークが終わってしまいましたが、みなさんいかがお過ごしでしたか?
5月病になりそうですが、どうか主に助けてもらいながら仕事を頑張っていきましょう!

さて、4月30日に豊橋市にあるアイプラザ豊橋と呼ばれる場所で第64回東海聖会が実施されました。
詳細はポスター参照
私たちが所属しているアッセンブリーオブゴッド教団では各教区で年に一回聖会が実施されます。
聖会は一言でいうと様々な教会の信徒が集まって行われる礼拝です。

講師は野口先生(関西教区より)です。
説教箇所は
第一聖会:使徒の働き4:1-13
第二聖会:マタイ28:18-20
です。

野口先生の説教の中で一番残っていることがあります。
“あなたは正々堂々と神を語ることがはできるのだろうか?”
使徒の働きではイエスの弟子二人がイエスを処刑台に送り出した皆の前でイエスが処刑されて、蘇ったことを、正々堂々と語っておりました。
感想として、普段の日常生活で、私も結構周りに流されやすく、自分自身の意志を引っ込めてしまうことがあるので、
二人の弟子みたいに意志をはっきりと持つようにしていきたいです。

最後におまけです。
私はゴールデンウィークに長崎にある西坂公園に行ってきました(ここ、坂が結構窮屈なんですよね)。
ここの公園はのどかでまったりとした時を過ごせそうな所ですが、実はこの地は日本二十六聖人殉教地とも呼ばれており、かつて、キリスト者であるために処刑された丘です。
今日、日本に教会が立ち、信徒として生活できるのも、殉教者の血によって成り立っていることを実感することができたので、感謝です。
※参考 : 日本二十六聖人殉教地(西坂公園)

それではまた

New Year Praiseに参加しました

投稿が少し遅れましたが、、、

前回のブログに少し紹介した、New Year Praiseのイベントに参加しました!
私たちの教会からは9名の社会人が参加させていただきました。
※参考 : New Year Praiseのチラシ

投稿者の私も参加しました!
複数の教会から来られた信徒の皆さんと交わりの時が持てたこと感謝です。
また、会場としてご用意してくださり、おもてなしをしてくださった豊川キリスト教会の皆様ありがとうございます。
初めて、日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団所属の他教会にお邪魔させていただきましたが、とても綺麗な教会でした。

最初に軽く自己紹介をした後、昼食をとりました。
昼食では、みんなで持ち寄った一品料理とおいしい焼きたてパンをご馳走になり、お腹もとても恵まれました。

昼食後、集会の中で、当教会の社会人で賛美の奉仕をし、参加者全員で神様を賛美し満たされた時でした。

その後、田中 清人先生が、”チョイス!~人生は選択の連続~”というテーマで、ヨナ書 1:1-5からメッセージをしてくださいました。
人生には仕事、住む場所、交友関係等で様々な選択があります。
今こうしてブログを書いているのも、今の仕事についても自らの選択の故に成り立っています。
しかし、時には誤った選択をしたり、困難から逃げ続けている事もあります。
それでも、ヨナが神の命令に反しても神から正されて神の命令通りに従ったように、私も正されて選択すべき道(大抵は困難な道が多いです)を歩ませてくれることを感じました。
無論、大変であることは事実ですが、その分、錬られるので、主に従って歩んでいきたいです。

礼拝後は、成人祝福式(私たちの教会からは1名)をして、最後に楽しくゲームでババ抜きを行いました。
ちなみに、そのゲームですが、、、
ビリはなんと私という想定外な結果でイベントが無事終了しました( ;∀;)
ちなみに私がゲットした景品は”マジピカ”と呼ばれる汚れ落としのスポンジです。

今後も、教会のイベントなどがありましたら更新していきたいと思っています。
よろしくお願いします。

最後に当日のイベントの様子を以下に上げておきます。

あけましておめでとうございます

皆様、あけましておめでとうございます。

今年1月8日(祝・成人の日)に行われる、東海教区主催の18歳~社会人向け新年集会、「New Year Praise」に向け、賛美練習の中、裏側で仲間を支えながら、ブログを投稿しております。

皆さん、一生懸命練習をしていて、聞いている私も心地よかったです。
その場で賛美を聴きながら、ブログを投稿できるのも感謝ですね!
ちなみに、練習していた曲は”死を打ち破り”と”主の臨在の中で”です。

さて、2018年が始まりました。
皆さん今年の目標はいかがでしょうか?

今年の私たちの教会の目標はエペソ人への手紙6章18節、
「すべての祈りと願いを用いて、どんなときにも御霊によって祈りなさい。そのためには絶えず目をさましていて、すべての聖徒のために、忍耐の限りを尽くし、また祈りなさい。」です。

各人、立てられた目標があると思います。主に祈りながら、与えられた目標も主にゆだね、主と共に信仰の歩みをし続けていきましょう。
それでは、本年度もどうぞよろしくお願いします。

※参考 : 今年のNew Year Praiseのポスター

★以下、私自身の目標です★
実は私自身、信徒になって三年目ですが、実はあまり旧約や新約時代の背景(聖書の内容)が全然分かっていなくて、毎回礼拝の度に途中から飽和状態になっております(ちなみに2017年最後の12/31の礼拝もそうでした、、、)。

まずは、旧約や新約時代に出てくる人やその人の立場、そして背景を学んでいき、礼拝の内容をよりしっかりと押さえられるようになりたいです。

他に、日本で初めてキリスト教が伝道されたとする長崎に行ってみたいです。
今日、私がイエス・キリストと出会えたり、このブログを運用できるのも、元をたどれば、フランシスコ・ザビエルのおかげでもあるので、ザビエルのことをもっと知りたいなと思いました。

2017年度のクリスマス祝会を実施しました

今年の教会クリスマス祝会を12/24(日)に実施しました。
来ていただいた方々は、お忙しい中にあったと思いますが、共によい時間を過ごせて感謝でした。

今回、当教会では「イエス・キリストとの出会いについて」をテーマに出し物を行いました。

各部で行った発表は以下の通りです。
ゴスペル : 賛美
聖歌隊 : クリスマスソング
子育て中の方(Aグループ) : 信徒の体験談&賛美
65歳以下のAグループ以外の方(Bグループ) : 賛美
65才以上の方(Cグループ) : 信徒の体験談&アルブレヒト・デューラー「祈りの手」が描かれた背景を題材にした劇
ろう部 : 信徒の体験談&賛美
学生・若者(CA) : 信徒の体験談を題材にした劇&賛美
ポルトガル : 全ての人へのイエス・キリストの愛と恵みによる救いと喜びを表した創作ダンス

クリスマス会の様子について写真をアップロードいたしますので、是非見てください。
※肖像権の関係でモザイクをかけております。ご了承ください。

来年のクリスマスにも皆さまぜひお越しください。

以下、私の感想です
このブログの運用者でもあり、(いつの間にか)投稿者である私は学生・若者(CA)で参加をさせていただきました。

劇を行うにあたって、10月あたりから原稿の作成が始まり、具体的にどのような劇にするか、また場面のタイミングを合わせるなど、決めることがたくさんありました。仕事からヘトヘトになって帰ったら、原稿を確認したり、劇の内容を頭に入れたりと、結構大変でしたが、皆さんと協力しながら無事に乗り越えることができてよかったです。

準備をしていて思ったことですが、各人に元々から持っている才能(教会では賜物とも呼びます)は違うことを知り、これが個性の一つにつながっているんだなと感じました。もし、この人がいなければ段取りが取れなかったり、よい劇にならなかったりと、一人でも欠けていたら劇のクオリティーが大幅に下がっていたと思います。

クリスマス会に限らず、各人が持っている才能を様々な所で生かしていきたいですね。
そして、来年のクリスマス会でもCAの皆さんと盛大に盛り上げていきましょう!

申し訳ございませんが、ほかの部の感想は当日緊張していてあまり記憶ないです、、、トホホ